携帯料金を未払いの人でも契約できるSIM - SIMのサイズや種類

携帯料金を未払いの人でも契約できるSIM

subpage01

過去に携帯電話会社に対して料金を支払わず、解約されてしまったということがあると、それ以降、契約を結ぶのがかなり困難になります。



というのは、携帯キャリアは料金未払いの契約者の情報を共有していて、他社で契約解除された人間が申し込みにきた場合でも拒否することがあるからです。
それでは、各携帯キャリアから拒否されてしまった人は日本国内にいる限り、電話可能なスマートフォンや携帯電話を持つことはできないのでしょうか。



実は必ずしもそうではありません。方法は二つあります。



まず、プリペイドSIMと呼ばれるものを入手するというもの。もう一つが、音声通話プランの格安SIMと契約するというものです。
音声通話が可能なプリペイドSIMについてですが、携帯キャリアのショップで販売されています。
プリペイド用の携帯電話、スマートフォンも存在し、セットで購入することもできますし、SIMのみ契約することも可能です。
契約に際しては運転免許証などの身分証明書を提出する必要があります。

なぜ携帯キャリアは、プリペイドに限って料金未払いの客に対しても販売するのかというと、料金が前払いで滞納することができない仕組みになっているからです。

プリペイドは、定期的にチャージしないと解約扱いになり、その場合、電話番号を取り戻せなくなってしまうので注意が必要ですが、誰でも携帯キャリアのSIMを利用できますし、クレジットカードも不要という点で便利なものです。